だかひーwiki

Power shell

スクリプトの実行ポリシーを変更

powershellはデフォルト(Restricted)だとスクリプトが実行できないようになっています。

Get-ExecutionPolicy  :現在の実行ポリシーを表示
Set-ExecutionPolicy AllSigned :デジタル署名されているポリシーのみ実行可能
Set-ExecutionPolicy Unrestricted  :すべてのスクリプトが実行可能。勿論リスクが高い。

オレオレ証明書を作成してprofile.ps1を使用できるように設定

証明書作成に使用するMakecert.exeについては公式ページを参照

Power shellでviを使う

ダウンロードはこちらから
使い方はUNIXのviと同じです。

別ウィンドウを起動

start powershell

なお一窓目と読み込まれるプロファイルが違う模様・・

タイムスタンプを変更する①

(get-item .\hogehoge.txt).lastwritetime = (get-date "yyyy/MM/dd HH:mm:ss")

タイムスタンプを変更する②

Set-ItemProperty .\hogehoge.txt lastwritetime -value "MM/dd/yyyy HH:mm:ss"

例:現在時刻に更新したい場合
Set-ItemProperty .\hogehoge.txt lastwritetime (get-date)

touch?無いですよそんなの。

作成するファイル名に現在の日時を挿入する

$filename = $(Get-Date).ToString("yyyyMMdd_hhmmss")
適当なコマンドとか > hoge_"$filename".log

作成されたファイル:hoge_20131111_034118.log

Linuxだともっと簡単なのにね。。ワンライナーできんのかいな。

自分の作成したスクリプトをコマンドとして登録

参照:Windows PowerShell プロファイルに変更を加える
今はこんな感じのやり方しかわからんのです。。
シェルを立ち上げる際に参照するプロファイル(Microsoft.PowerShell_profile.ps1)
にエイリアスとして自分のスクリプトパスを指定してます。

エラーメッセージの色を変更

$host.privatedata.ErrorForegroundColor = 'green'

は心臓に悪いよね。。
プロファイルに加えれば設定を保存できます。
(Microsoft.PowerShell_profile.ps1 の方)

Get-Content:ファイルの中身を出力

Get-Content hogehoge.txt

"cat"がエイリアス登録されているので、普段はそっちのが楽

Get-Item:指定ディレクトリのファイルを表示

Get-Item C:\hogehoge\test

"ls"と"dir"がエイリアスに登録されているので、普段はそっちのが楽

ファイルやディレクトリを検索

dir / -recurse hogehoge.txt

New-Item:新規ファイルorディレクトリ作成

New-Item hogehoge -type file -value "#これはテストファイルです"

エイリアスは"ni"
"-type file"を"-type directory"に変えるとディレクトリー作成
"-value"を追加すると新規ファイル作成と同時にテキストを挿入できます。ワンライナー派の貴方に。

Compare-Object:ファイルを比較

Compare-Object $(Get-Content c:\scripts\x.txt) $(Get-Content c:\scripts\y.txt)

diffにalias

ショートカットファイル(.lnk)のリンク先情報を参照

powershellではリンク先情報を取得するコマンドが無いみたいですが・・

DOSプロンプト

fciv   :MD5SUMチェックをする

  • Micriosoftダウンロードサイト
    ダウンロードしたファイルを実行するとfcivファイル&TXTファイルを展開する場所を指定する。
    展開されたファイルを任意の場所に配置すればおk
  • 詳しい使用方法はこちら
    MD5SUMハッシュ値を出力する
    fciv hogehoge.txt
    //
    // File Checksum Integrity Verifier version 2.05.
    //
    149a123a37198f0291234564fdd7960 hogehoge.txt

fc:ファイルを比較

比較内容を行番号付きで出力  : fc /n hogehoge.txt testes.txt

setx    :環境変数を永続的に設定する

コマンドを実行したシェルでは反映されないので注意。(次に開いたシェルから有効になる)

システム環境変数をセットする
setx hogehoge(環境変数名) piyopiyo(値文字列) -m
#「-m」オプションが無い場合はユーザー環境変数にセットされる

dxdiag  :マザーボードの型番とかを調べたい時

DirectX診断ツールが起動する。M/B以外にもディプレイやサウンドデバイスの情報なんかも見れる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-22 (日) 18:36:16 (1698d)